ブログ始めました

今日光電話を申込みに行ったのですが、明ら様に担がれたと思われることが有りました。始め、8日後に開通工事を行うと言っていたのが、2時間近く待たされ、少しずつ日程は延ばされ、最終的に26日後に決定しました。

こんな目に会って、私が働いていた鍼灸接骨院でも似たようなことを、やっていたなあと思い出しました。患者さんが殺到してどうしてもすぐに施術に入れないとき、他の場所から応援を呼ぶための確認の電話をするという名目で一度席につかせて、少しぐらいなら待ってみようかと思わせる手法です。

院長も事有るごとに、そのまますぐ帰すなと口を酸っぱくしていました。すっぽん商法と勝手に名付けていましたが、こういう強引な手法は待たせた分だけ追加した満足度を与えなければならないため、リピーターを必要とする商売では成り立ちにくいでしょう。

2015年10月01日